岡山よくばりセット(ノスタルジー・扇形庫・岡山色キハ・ラマル・金光臨)

津山まなびの鉄道館に行きたい!DF50に会いたい!DE50に会いたい!キハ33に会いたい!

…というわけで津山へ。

今回も青春18きっぷです。

 

 

6502F

種別…普通

行先…粟生

区間…志染5:41-粟生

 

103系M7編成

種別…普通

行先…加古川

区間…粟生6:09-加古川

 

221系B12+223系V20編成

種別…普通

行先…姫路

区間加古川6:37-姫路

 

115系D28+D18編成

種別…普通

行先…三原

区間…姫路7:05-岡山

 

 

この辺りまではいつものルート。もう慣れたものです。

ただ、いつもと違うのはここから北上するということ。

 

 

キハ40-2134

種別…普通

行先…津山

区間…岡山8:44-津山

備考…ノスタルジー

 


f:id:KB57T04:20170901230911j:image

 

栓抜き付きのノスタルジー。


f:id:KB57T04:20170901221351j:image

 

これが昭和…なんでしょうか?

平成生まれの私には逆に新鮮に見えます。

 


f:id:KB57T04:20170901223611j:image

 

目的地到着!SLばかりの京都鉄道博物館と違ってディーゼルカーもたくさん展示されているのが良いですね。


f:id:KB57T04:20170902145009j:image

 

構内入れ替え車の展示まであります。

 

私がいちばん感動したのは


f:id:KB57T04:20170902145151j:image

 

DF50 18号機の展示。

弁天町にあった交通科学博物館のなかなか人が来ない第2展示場でDD13 638と一緒に展示されていたころが懐かしいですね。


f:id:KB57T04:20170907062157j:image 

 

DD13 638号機とは津山でも隣どうし。

7年ぶりの再会に感激…


f:id:KB57T04:20171020015403j:image

 

キハ40と120がいっぱい…

出番に備える車両たちもじっくり観察できます。


f:id:KB57T04:20170907065105j:image

 

京都鉄道博物館は賑やかで、鉄道に興味が無い人も楽しめる場所だと思いましたが、それと比べると津山まなびの鉄道館は静かで、鉄道に少し興味を持った人が理解を深める場なのかなと思いました。もちろん気動車好きなら行ってて損は無いと思います。

 


f:id:KB57T04:20171020014610j:image

 

昼飯は駅前の居酒屋でホルモンうどん定食。

ミックスホルモンを使ってて大満足。

 


f:id:KB57T04:20171025233856j:image

 

最後の岡山色、キハ47-142。

この数日後には検査入場して朱色に塗り替えられちゃいましたね…。

 

Twitterでアンケートを取ったら1人だけ入れてくださった方がいたので新見へ。

来たルートを引き返すのは面白くないですしね。

(平日の真昼間にアンケートを取ったのはミスだったかもしれない…)

 

キハ120-358

種別…普通

行先…新見

区間…津山12:46-新見

 



f:id:KB57T04:20171020015349j:image
f:id:KB57T04:20171020015833j:image

 

すこし離れた場所から見てみるとキハ120って結構かわいいですね。


f:id:KB57T04:20171020014112j:image

 

ラ・マル・ド・ボァが止まっててびっくり。団体列車で運行されていたようです。


f:id:KB57T04:20171020020419j:image

 

やくもの山陰デスティネーションキャンペーンラッピング。目に飛び込んできた「山陰」の文字に3日後の山陰旅行を決定…でもそれはまた別の話。


f:id:KB57T04:20171020015925j:image

 

103系みたいなお顔の115系に乗って出発。

4番線を出発する上り列車は珍しいみたいですね。

 

 

115系G05編成

種別…普通

行先…岡山

区間…新見14:50-岡山

備考…1日3本のみ設定の4番線を出発する上り列車

 

 

見慣れた高梁川も列車から眺めると不思議な感じ。

 


岡山駅に到着すると発車標に「団体」の文字。ラ・マル・ド・ボァが帰ってきたのかな、なんて思っていたら…


f:id:KB57T04:20171020020207j:image

 

緑の117系。まさかの金光臨でした。Twitterでも見てたらこういう情報も入ってたのかも知れませんけど、偶然出会うこの感じ、結構好きです。実は近キトT編成は撮るの初めてだったりします。

 

 

115系D22編成

種別…普通

行先…備前片上

区間…岡山17:26-備前片上

 

 

1人旅のとき、帰りは赤穂線って決めてます。

 

 

115系D12編成

種別…普通

行先…播州赤穂

区間備前片上18:30-播州赤穂

備考…5分遅れ

 

 

日生の海はほんと綺麗なのオススメです。(写真なし)

あと、赤穂線で帰るメリットは播州赤穂発の新快速で確実に座れるということ。長旅の途中、座れるかどうかで翌日のしんどさが全然違う。(中年みたいなこと言ってるけど旅の翌日は本当にしんどい)

 

 

225系I3編成

種別…新快速

行先…野洲

区間播州赤穂19:00-尼崎

 

 

何をトチ狂ったか三田から神鉄に乗って帰ろうとしてる私。

 

 

207系S21+T5編成

種別…快速

行先…篠山口

区間…尼崎20:43-三田

備考…2分遅れ

 

 

207系が優等運用に入ってると何だか違和感を覚える…。4ドア車は各停ってイメージが強すぎて…。

 

 

5020F

種別…準急

行先…新開地

区間…三田21:24-鈴蘭台

 

 

4連運用ばかりの三田線系統だから3000系に乗れるのを期待していましたが5000系。でも5000系の走行音は帰ってきた!って感じがするから嫌いじゃないです。

 

 

1360F

種別…準急

行先…志染

区間鈴蘭台22:17-志染

 

 

最後は1000系列で。1360Fが準急志染に入ってるのよく見ますね…新幕だから印象に残りやすいんでしょうか?

 

 

今回の旅、終わってみれば

・ノスタルジー

・津山まなびの鉄道館

 ・岡山色キハ

・ラ・マル・ド・ボァ

・金光臨

と岡山らしいものをほとんど見ることができました。運が良かったですね。

 

それと、今回完乗した路線。

津山線

赤穂線

神鉄三田線

神鉄粟生線

…あれ、半分が地元路線ですね。これも私の旅ではいつものことですね。

 

 

とりあえず次は山陰の旅のことを。