そばーどと日帰り富山旅

そばーど( @sB_Rd )が8/8に台風5号の影響で滋賀に半日足止めされながら福井にやってきました。

そのまま流れで富山旅行を決定。オールして4:00から最寄りのJR駅まで1時間半かけて歩いて始発に乗車。

 

 

 

521系は223系や225系と車内設備が変わらないので遠出してるっていう感覚があまりありませんね。

 

金沢に到着!


f:id:KB57T04:20170814115225j:image

 

後からやって来た特急ダイナスター。到着後すぐに行き先表示は消してしまうみたいです…。

 

青春18きっぷエリア外なので切符を買って高岡駅を目指します。

 

 

高岡駅にはあいの風とやま鉄道線のほかにJR城端線氷見線が乗り入れています。


f:id:KB57T04:20170814203333j:image
f:id:KB57T04:20170814203346j:image
f:id:KB57T04:20170814203356j:image

 

高岡市藤子・F・不二雄の出身地ということでキハ40形数両に忍者ハットリくんのラッピングが施されているようです。

高岡駅前から発着している万葉線でもドラえもんトラムなんかが走ってますよね。

 

 

特例で高岡・富山駅間では青春18きっぷを使用することができます。同じような飛び地路線になっている金沢・津幡駅間では使用出来ないので注意が必要だと思いますね。

 

30分ぐらいしたら富山止めの413系がやってきました。


f:id:KB57T04:20170814211258j:image

 

新北陸色!かっこいい!!

 


あいの風とやま鉄道413系 回送列車@富山 - YouTube

 

発車シーンも。

 

駅前に富山地方鉄道の市内電車が乗り入れていたので軽く撮影。


f:id:KB57T04:20170814222818j:image


f:id:KB57T04:20170814222828j:image

 

 置換えが進んでいる7000形もまだまだ元気。


f:id:KB57T04:20170814222843j:image

 

9000形から漂うBMWみたいな高級外車感…


f:id:KB57T04:20170814222927j:image

8000形はぐらいの時代の路面電車が一番好きですね。吊り掛け駆動の古き良き車両と革新的なLRVの間で埋もれてる車両ってなんだか深いです。乗っててもあんまり楽しくないですけど…


f:id:KB57T04:20170814222953j:image

 

7000形の置換えはこのT100形セントラムで行っているようです。富山県初の3連接車体でしょうか。

 

 

その後あいの風とやま鉄道ICOCAを購入。

 

 

スルッとKANSAIカードをコレクションしていたので交通系ICカードはまだいらないかなって思っていたのですが…時代の流れでしょうか。

福井に来たときから初めてのICカードはあいの風とやま鉄道ICOCAにしよう!と思っていたので嬉しいですね。

 

 そこから、富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ(スクラッチタイプ・820円)を購入して乗り鉄
この切符、地鉄の市内電車と富山ライトレール全線に乗車できるだけでなく、市内電車と並行している地鉄電鉄富山・南富山間は鉄道線にも乗れるので結構お得です。

富山駅から280円の区間なら地鉄バスにも乗れます!

 

早速地鉄の鉄道線で南富山へ。

 


f:id:KB57T04:20170814234845j:image


f:id:KB57T04:20170814234905j:image

 

いきなり元京阪3000系の10030系です。大阪にも縁があるのに初めて京阪に乗ったのが2015年の私…。3000系に乗れるなんて思ってもいませんでした。シートがフカフカ…。成田山のお守りも残っていますが毎年取り替えられているのかな?

 

地方鉄道(≠富山地鉄)のいいところって、やっぱり大手からの譲渡車に乗れるところですよね。

 

心地よい揺れにうとうとしながら南富山駅に到着。

すぐに駅前からの市内電車に乗り換えて市内電車全線乗車を目指します。

 

 

 

とにかく街がキレイです。特に図書館は一見の価値アリです。

 

 

お昼ご飯はCiC地下1階にある麺屋いろはの富山ブラック

ローソンでいろは監修の富山ブラックおにぎりを見かけてから気になってたんですよね。


f:id:KB57T04:20170815020126j:image

 

醤油辛い、胡椒辛いと聞いていましたが意外とあっさりで辛くもなかったです。少し濃いめの味って感じでしょうか。途中でテーブルに置いてある胡椒を追加すると味が締まってスルスル行けました。とても美味しかったです。

 

 

腹ごしらえも済んで、お昼からは富山ライトレール

 

 

驚いたのは軌道区間で複線化工事が進んでいたこと。本数も少なく、閑古鳥が鳴いていた富山港線がここまで盛り返しているというのはすごい事だと思います。


f:id:KB57T04:20170815021425j:image

 

終点の岩瀬浜駅ではフィーダーバスと接続。

利用者目線は大事ですね。

数年後には市内電車と富山ライトレールが直通運転を始めるそうなのでこちらも気になります!

 

 

駅に帰ってきた後、そばーどにお願いして再び地鉄へ。

 

 

稲荷町で車両観察。


f:id:KB57T04:20170815021637j:image

注目は10020形(モハ10025-モハ10026)と175形(クハ175)の3両編成。

ラッシュ時のみ運行されているようです。


f:id:KB57T04:20170815022357j:image

 

クハ175の連結面は2枚窓非貫通。

あまり見ない形です。珍しい…

 

 

とりあえず高岡まで戻ります。少しずつ戻るのは青春18きっぷ旅の基本(?)

 

 

高岡駅近くの古城公園は「ゆるゆり」の聖地だそうでそばーどは写真を撮ってました。

私は疲れたのでベンチで休憩。


f:id:KB57T04:20170815022808j:image

 

SLが保存されていたので軽く撮影。

C11 217号機です。名古屋地区から七尾線へ移り、高岡で現役を終えたようです。

 

 

高岡から金沢へ戻ります。

やってきたのは…


f:id:KB57T04:20170815023104j:image

 

なんと413系。乗れるとは思っていなかった…。

 

 

金沢にあるカレーのチャンピオンで晩ご飯。


f:id:KB57T04:20170815023225j:image

 

フォークで食べるカレー、斬新…。

 

 

帰りの電車では爆睡。

 

 

 

予定も特に立てないまま訪れた富山。多くの発見がありました。1人では見えない部分も友人で行くと見えてきますね。次はある程度予習して、地方交通のあり方を感じ取りたいと思います。