日帰りで「ひるね姫×くらしきスタンプラリー」聖地巡礼

3/30に映画「ひるね姫」の舞台、倉敷市の児島・下津井に行ってきました!いわゆる「聖地巡礼」ですね。スタンプラリーにも挑戦!

 

 

粟生線加古川線JR神戸線を乗り継いで6:55に姫路に到着。

すると向かい側に…


f:id:KB57T04:20170331084857j:image

 

ひるね姫ラッピングの115系D-14編成が止まっていました!

このスジはD編成を2本繋いだ6両編成での運行です。

なんだか幸先のいいスタート。

 

 
f:id:KB57T04:20170331085157j:image

 

ひるね姫のラッピング列車には乗らず、今回は姫路から岡山まで新幹線。

在来線なら1時間半かかるこの区間も新幹線なら20分です。

7:20発のさくら543号に乗って岡山へ!

 

 

岡山には7:40に着きました。

次の列車まで少し時間があったのでここで食べ物を調達してもよかったかもしれません。

7:55発の快速マリンライナー9号で児島へ向かいます。

マリンライナーと言えば「うどんの国の金色毛鞠」で車内の風景が登場したことでも有名ですよね。私は見てなかったんですけどね。

 

 

児島には8:18に到着。


f:id:KB57T04:20170331090633j:image
f:id:KB57T04:20170331090727j:image
f:id:KB57T04:20170331090840j:image

駅構内はひるね姫とジーンズで埋め尽くされています。

改札を出た奥側の観光案内所にスタンプがありますが児島駅には後でまた来るのでスルー。

急ぐあまりスタンプが乾かないままになってしまうのも困りますからね。

 

児島駅からは作中にも登場した下津井電鉄バスの「とこはい号」に乗って下津井へ。

3月1日からはひるね姫ラッピング車が運用に入っているそうです。


f:id:KB57T04:20170331090420j:image

 

後ろから見たらこんな感じ。

デニムっぽい制服の運転士さんから1日乗車券を買いました。

児島駅8:30発の始発便で出発!

 

 

とこはい号は下津井を1周50分で反時計回りに走っています。

最初は田の浦港前バス停で下車。運転士さんが降りる時いろいろと舞台のことを教えてくれました。社員さんが聖地巡礼趣味を受け入れてくれて、出発時刻を遅らせてまで案内してくれたのはすごく嬉しかったです。


f:id:KB57T04:20170331102719j:image
f:id:KB57T04:20170403004506j:image

 

ちょっとアングルは違いますがこんな感じ。

作中では後ろに見えるお墓にココネの母・イクミが眠っています。


f:id:KB57T04:20170403203300j:image

 

反対側の景色です。

作品にも登場するお墓からの景色もきっとキレイなんだろうなあ…と思いながらもお墓に入るのはちょっと抵抗があったので断念。

 

このバス停の近くでお会いしたおばあさんが路地を案内してくれました。

なんと94歳!!腰もあまり曲がっていなくてぴしっと立っていたのが印象的でした。

少し呆けが始まっているような方だったのでもしかするとそれ以上にご高齢なのかも…

 路地や下津井の歴史など多くのことを教えていただきました。おばあさんが子供の頃から立っていた建物も現存しているそうです。すごい…

 

 

その後おばあさんとお別れして1人で散策。

 

坂をずーっと登っていくと作品にも登場する田土浦坐神社に到着です。

ところで「田土浦坐神社」って読めますか?

 

 

「たのつちうらにましますじんじゃ」って読むらしいですよ。初見じゃ読めませんよね…


f:id:KB57T04:20170405065602j:image
f:id:KB57T04:20170405065611j:image

 

 神社の前で一枚。

撮影場所まで思い切り間違えてしまいましたね…もっと高い場所からだったのかな…

 
f:id:KB57T04:20170405073658j:image

 

境内にはココネがいました。スタンプが設置されている場所に、スタンプと同じキャラクターのパネルが設置されていました。

 


f:id:KB57T04:20170404204406j:image

f:id:KB57T04:20170404204432j:image

 

ココネが駆け下りてきた路地裏です。

下津井は古くからの区割りが続いているので狭い路地が残っているんですよね。

 

 

次のポイントに向かっている途中、向こうからとこはい号がやってきました。


f:id:KB57T04:20170405075249j:image

 

カメラを向けると減速してくれて、撮れたかどうか笑顔で確認してくれました。

もう下電バスのファンになってしまいそうです… 

 


f:id:KB57T04:20170405074941j:image
f:id:KB57T04:20170405074943j:image

モリオの父親の船舶ドックに到着!

ここで船の整備をしていたお兄さんにも声をかけてもらえました。あたたかくていいですね。

 

 

その後はむかし下津井回船問屋へ。スタンプが設置されています。

10時オープンなのでここは少し遅めに行ってみるといいかも。

 

管理をしていらっしゃる方と長時間にわたってお話させていただきました。

世間話やら下津井の話やら……ひるね姫のこともよくご存知の方だったのでお昼からの行動なんかも教えてくださいました。

お仕事のお邪魔でなかったかどうか心配です…

 

わからないことがあったらむかし下津井回船問屋の方に尋ねてみてください。きっと丁寧に教えてくださると思いますよ。

 

あと、
f:id:KB57T04:20170405234436j:image

 

パンフレットの表紙絵がいいですね!

後で調べてわかったんですが児島にあるSODAという会社のデザインみたいです。

 

 

次もスタンプがある四柱(よはしら)神社へ。

 
f:id:KB57T04:20170405234710j:image

 

とにかく高いです。怖い。でも景色はいいですよ。

 

 

お昼ご飯はむかし下津井回船問屋の方にオススメしてもらった鷲羽山レストハウスで。

 

とにかく景色がいい!ということです。

どんなものかなーと思って行ってみると


f:id:KB57T04:20170405230641j:image

 

絶景………。

瀬戸大橋が一望できます。

席は選べるので窓際に座りたいなら早めに行ったほうがよさそうですね。


f:id:KB57T04:20170405230807j:image

 

下津井のたこめし、1300円。

値段に見合ってるかどうかで言うと微妙ですが景色がいいからOK!

 

 

そんなに急いでいるわけでもなかったので鷲羽山で登山!


f:id:KB57T04:20170405231056j:image

 

レストハウスから山頂まではだいたい10分。

「山頂」と書かれた看板から矢印の先を見るともう山頂がすぐ側に見えているんですよね(笑)


f:id:KB57T04:20170405232310j:image
 

山頂からは360度がぐるりと見渡せます。

軽い散歩みたいな感じで気軽に行けるので時間に余裕があれば是非行ってほしい場所ですね。オススメできます。

 

 

下津井に別れを告げ、バスで児島駅周辺へ。

とりあえず児島警察署で下車。


f:id:KB57T04:20170405232709j:image
f:id:KB57T04:20170406064628j:image

モモタローが捕まってココネが急いで駆けつけたあの警察署です。

ココネが駆けつけた時間帯とだいたい同じくらいかな?

 

 

ここからはスタンプ回収!

児島駅の中にある観光案内所、児島観光港を回って旧野崎邸へ。

 

ジーンズミュージアムには別の日に行っていたのでここがゴール!達成感がすごい…

 

旧野崎邸にはとこはい号の1日乗車券を見せると100円引きの400円で入れます!

 
f:id:KB57T04:20170407155939j:image

 

帰りの電車まで時間があったので中へ入ってみました。

 

塩田王と呼ばれた野﨑武左衛門が建てた大邸宅です。庭園は心が落ち着きます…

 

児島の歴史なんかも詳しくわかるので行って損はないと思いますよ。今児島駅が建っている所は昔塩田だった!とか割と衝撃的でしたね。

 

 

別の日に行ったジーンズミュージアム。

 
f:id:KB57T04:20170618200725j:image

 

ひるね姫のコラボグッズ販売の他に、日本におけるジーンズの歴史や、ジーンズの製造過程を無料で見ることができます。

 

Betty Smithのアウトレットもあるのでお土産にジーンズを買っていくのもいいですね。

 

 

 

16時頃児島を出発、帰途につきます。

 

瀬戸大橋線は特急列車が多く走っています。


f:id:KB57T04:20170517094828j:image

 

マリンライナーがやってくるまでに1枚。

 

 〇

 

岡山駅でも軽く駅撮り。

 
f:id:KB57T04:20170614084658j:image

黄色い列車ばかりになってしまったな…なんて去年来た時には思っていました。


f:id:KB57T04:20170614084624j:image

 
f:id:KB57T04:20170614084831j:image

最近はふるさとおこし号の数も増えてきて、ファジアーノ岡山ラッピングの列車なんかも登場したので面白くなってきましたね。


f:id:KB57T04:20170614084951j:image

 

でも一番カッコイイのはやくもかな…

 

 

(自分への)お土産!


f:id:KB57T04:20170614085538j:image
f:id:KB57T04:20170614085547j:image

Betty Smithのペンケース!700円か750円ぐらいだっでしょうか。

ジーンズの端材を使用しているみたいです。

エコですね…。

 
f:id:KB57T04:20170614085806j:image
こちらは畳の縁小銭入れ。

児島は畳の縁の国内トップシェアだそうです。

柄は全部で3種類。鷲羽山レストハウスや吉備サービスエリアでも販売されていましたよ。1つ500円です。

 

 

映画自体はなかなか面白かったのですがなかなか伸び悩み、舞台に訪れる人も少ないようです。

夕方には結構時間が余ったので関西からは在来線の使用だけでも充分楽しめそうです。児島駅周辺の移動はレンタサイクルがオススメです。児島駅の観光案内所で借りることができます。

今月いっぱいはスタンプラリーも行われていますし、下津井に足を運んでみてはいかがでしょうか。