福井駅前-路面電車新時代-

 6月3日、この週末で今シーズンの最終運行となっていたF10型735号レトラムに乗るために福井駅へ。

この日の駅前はこんな感じ。

日本じゃないみたいですよね。

まるでヨーロッパのトラムです。ヨーロッパ行ったことないですけど…

 

こんな事情があって6月3・4日の電車通り(市役所前・福井駅停留所間)は歩行者天国になっていました。花いっぱいで人が溢れる駅前の景色を見た時は本当に感動しました。

 

実際にしばらく見ているとわかると思うんですが、この電車通りって結構道が細いんですよね。自動車がつっかえて電車が動けないこともしばしば。

路面電車の運行にとってなかなか厄介な自動車を車道から閉め出すというのもなかなかアリなんじゃないでしょうか。

細くて短い、というとあまりいいイメージではないと思いますが、歩行者天国にしてみるとなると丁度いいと思うんですよね。通りが長すぎても太すぎても隙間が目立ちますからね。線路も複線だとやはり隙間が目立ってしまいますし、本当に歩行者天国に適したいい場所だと思います。

 

また、福井県という場所は極端なクルマ社会であり、店舗は基本的に国道8号線沿いに集中しています。

福井市周辺地域の人だと大和田町にある商業施設「アピタ・エルパ」に行くことが多いでしょうか。色々な専門店があるのですがとにかくアクセスが不便。京福バス福井駅・エルパ間だと200円と安いのですが本数が少ないですからね、クルマありきの商業施設です。観光客が訪れることはきっとないでしょう。

駅前周辺最大の欠点といえばどの店も閉店が早すぎるということでしょう。19:00ごろにほとんどの店舗が閉店してしまうというのは少し寂しいな…って思っちゃいますよね。

 

今のところはエルパのほうが便利だと個人的には思っていますが、伸びしろはないでしょう。

 

途中駅での開業とはいえ、北陸新幹線の延伸も控えています。

勝山の恐竜博物館目当てに全国から、世界からお客さんはやって来るわけです。

当然福井駅はえちぜん鉄道やバスとの乗り換え地点になるわけです。

家電量販店など、観光客に的を絞った施設誘致を行いエルパと棲み分けを図るというのがいいんじゃないかと思いますね。

 

 

福井に来て2ヵ月。

やっぱりその土地のことは実際に住まないと分からないものだなと強く感じました。

まだまだ知らないことばかりなのでもっと福井の知識を深めていけたらいいな、と思います。

 

〇お知らせ〇

ここ2ヶ月更新が滞っている29.2km( TOP - 29.2km -神鉄粟生線ファンサイト- )ですが、現在サーバー容量不足のため画像のリサイズ・差し替えを進めています。

次回の更新では管理人ブログや駅情報(新開地〜鈴蘭台駅)などの公開を予定しています。

今しばらくお待ちください。