そばーどと日帰り富山旅

そばーど( @sB_Rd )が8/8に台風5号の影響で滋賀に半日足止めされながら福井にやってきました。

そのまま流れで富山旅行を決定。オールして4:00から最寄りのJR駅まで1時間半かけて歩いて始発に乗車。

 

 

 

521系は223系や225系と車内設備が変わらないので遠出してるっていう感覚があまりありませんね。

 

金沢に到着!


f:id:KB57T04:20170814115225j:image

 

後からやって来た特急ダイナスター。到着後すぐに行き先表示は消してしまうみたいです…。

 

青春18きっぷエリア外なので切符を買って高岡駅を目指します。

 

 

高岡駅にはあいの風とやま鉄道線のほかにJR城端線氷見線が乗り入れています。


f:id:KB57T04:20170814203333j:image
f:id:KB57T04:20170814203346j:image
f:id:KB57T04:20170814203356j:image

 

高岡市藤子・F・不二雄の出身地ということでキハ40形数両に忍者ハットリくんのラッピングが施されているようです。

高岡駅前から発着している万葉線でもドラえもんトラムなんかが走ってますよね。

 

 

特例で高岡・富山駅間では青春18きっぷを使用することができます。同じような飛び地路線になっている金沢・津幡駅間では使用出来ないので注意が必要だと思いますね。

 

30分ぐらいしたら富山止めの413系がやってきました。


f:id:KB57T04:20170814211258j:image

 

新北陸色!かっこいい!!

 


あいの風とやま鉄道413系 回送列車@富山 - YouTube

 

発車シーンも。

 

駅前に富山地方鉄道の市内電車が乗り入れていたので軽く撮影。


f:id:KB57T04:20170814222818j:image


f:id:KB57T04:20170814222828j:image

 

 置換えが進んでいる7000形もまだまだ元気。


f:id:KB57T04:20170814222843j:image

 

9000形から漂うBMWみたいな高級外車感…


f:id:KB57T04:20170814222927j:image

8000形はぐらいの時代の路面電車が一番好きですね。吊り掛け駆動の古き良き車両と革新的なLRVの間で埋もれてる車両ってなんだか深いです。乗っててもあんまり楽しくないですけど…


f:id:KB57T04:20170814222953j:image

 

7000形の置換えはこのT100形セントラムで行っているようです。富山県初の3連接車体でしょうか。

 

 

その後あいの風とやま鉄道ICOCAを購入。

 

 

スルッとKANSAIカードをコレクションしていたので交通系ICカードはまだいらないかなって思っていたのですが…時代の流れでしょうか。

福井に来たときから初めてのICカードはあいの風とやま鉄道ICOCAにしよう!と思っていたので嬉しいですね。

 

 そこから、富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ(スクラッチタイプ・820円)を購入して乗り鉄
この切符、地鉄の市内電車と富山ライトレール全線に乗車できるだけでなく、市内電車と並行している地鉄電鉄富山・南富山間は鉄道線にも乗れるので結構お得です。

富山駅から280円の区間なら地鉄バスにも乗れます!

 

早速地鉄の鉄道線で南富山へ。

 


f:id:KB57T04:20170814234845j:image


f:id:KB57T04:20170814234905j:image

 

いきなり元京阪3000系の10030系です。大阪にも縁があるのに初めて京阪に乗ったのが2015年の私…。3000系に乗れるなんて思ってもいませんでした。シートがフカフカ…。成田山のお守りも残っていますが毎年取り替えられているのかな?

 

地方鉄道(≠富山地鉄)のいいところって、やっぱり大手からの譲渡車に乗れるところですよね。

 

心地よい揺れにうとうとしながら南富山駅に到着。

すぐに駅前からの市内電車に乗り換えて市内電車全線乗車を目指します。

 

 

 

とにかく街がキレイです。特に図書館は一見の価値アリです。

 

 

お昼ご飯はCiC地下1階にある麺屋いろはの富山ブラック

ローソンでいろは監修の富山ブラックおにぎりを見かけてから気になってたんですよね。


f:id:KB57T04:20170815020126j:image

 

醤油辛い、胡椒辛いと聞いていましたが意外とあっさりで辛くもなかったです。少し濃いめの味って感じでしょうか。途中でテーブルに置いてある胡椒を追加すると味が締まってスルスル行けました。とても美味しかったです。

 

 

腹ごしらえも済んで、お昼からは富山ライトレール

 

 

驚いたのは軌道区間で複線化工事が進んでいたこと。本数も少なく、閑古鳥が鳴いていた富山港線がここまで盛り返しているというのはすごい事だと思います。


f:id:KB57T04:20170815021425j:image

 

終点の岩瀬浜駅ではフィーダーバスと接続。

利用者目線は大事ですね。

数年後には市内電車と富山ライトレールが直通運転を始めるそうなのでこちらも気になります!

 

 

駅に帰ってきた後、そばーどにお願いして再び地鉄へ。

 

 

稲荷町で車両観察。


f:id:KB57T04:20170815021637j:image

注目は10020形(モハ10025-モハ10026)と175形(クハ175)の3両編成。

ラッシュ時のみ運行されているようです。


f:id:KB57T04:20170815022357j:image

 

クハ175の連結面は2枚窓非貫通。

あまり見ない形です。珍しい…

 

 

とりあえず高岡まで戻ります。少しずつ戻るのは青春18きっぷ旅の基本(?)

 

 

高岡駅近くの古城公園は「ゆるゆり」の聖地だそうでそばーどは写真を撮ってました。

私は疲れたのでベンチで休憩。


f:id:KB57T04:20170815022808j:image

 

SLが保存されていたので軽く撮影。

C11 217号機です。名古屋地区から七尾線へ移り、高岡で現役を終えたようです。

 

 

高岡から金沢へ戻ります。

やってきたのは…


f:id:KB57T04:20170815023104j:image

 

なんと413系。乗れるとは思っていなかった…。

 

 

金沢にあるカレーのチャンピオンで晩ご飯。


f:id:KB57T04:20170815023225j:image

 

フォークで食べるカレー、斬新…。

 

 

帰りの電車では爆睡。

 

 

 

予定も特に立てないまま訪れた富山。多くの発見がありました。1人では見えない部分も友人で行くと見えてきますね。次はある程度予習して、地方交通のあり方を感じ取りたいと思います。

鉄道写真で振り返る私の2017上半期

2017年も折り返し地点。

この6ヵ月でも結構いろいろありましたね…

 

1/1

2年連続で元日から阪急を撮影。


f:id:KB57T04:20170615085613j:image


f:id:KB57T04:20170614091006j:image


f:id:KB57T04:20170615085645j:image


f:id:KB57T04:20170615085742j:image


f:id:KB57T04:20170615085801j:image

 

2時間程度で京都線の目玉は撮り尽くしてしまった感じです。


f:id:KB57T04:20170614091018j:image

 

3326Fが撮影後半月と経たないうちに廃車になってしまったのはびっくりでした。

 

 

1/22

2017年に入って初めてまともに神鉄を撮影。


f:id:KB57T04:20170614093042j:image

 

1360Fの前面幕が英字併記になったのはびっくりしましたね。

英語表記も小さいですし、日本語も小さくなってしまったのでどっちつかずかな…ってのはあるんですけどね。有馬温泉への観光客とかを考えたらそうせざるを得なかったんでしょうね。


f:id:KB57T04:20170614091250j:image 

 

3月のダイヤ改正でなくなると発表があったばかりの下り急行。小野急。3006Fは可愛い。


f:id:KB57T04:20170614092523j:image

 

藍那トンネルから出てきた1120F。

藍那駅周辺は1日いても飽きませんね。

 

 

 

2/16-17

1100系トップナンバーの廃車…。 


f:id:KB57T04:20170614092711j:image

 

昨年車庫で列車無線に貼られていた紙を見た時にはもうはっきりわかっていたことなんですが、いざこういう姿を見ると悲しくなりますね…。


f:id:KB57T04:20170614092745j:image

 

パンタグラフも撤去。

車両側面の足掛けを使っている場面を見たのは何気に初めてでした。


f:id:KB57T04:20170614092833j:image

 

今までペアを組んでいた車両と横並びになったりしたとき、無性に悲しくなってくるのは私だけでしょうか。

 

 

 

3月は色々とひと段落して、ほとんど毎日急行列車を追いかけてました。


f:id:KB57T04:20170614093107j:image

 

新幕小野急も


f:id:KB57T04:20170614092904j:image

 

6002F2度目の小野急も撮れてなかなか満足しています。


f:id:KB57T04:20170614093141j:image

いつもお世話になっていた急行が見られなくなるのは辛いなあと思いました。

 

 

3/27

8ヵ月ぶりの大津線


f:id:KB57T04:20170614093347j:image

 

響け!ユーフォニアムのラッピング列車も大津に馴染んできた感じがしますね。


f:id:KB57T04:20170614093403j:image

 

80形塗装の701-702。京阪は粋なことをしますね。


f:id:KB57T04:20170614093430j:image

 

塗装や駅名の変更も発表されていたので、この景色もしばらくすると見られなくなるんだなあと複雑な思いでシャッターを切りました。

 

 

3/30

映画「ひるね姫」の聖地巡礼で岡山・下津井へ。

 
f:id:KB57T04:20170614093247j:image

姫路で新幹線への乗り換え時間でひるね姫のラッピング列車に出会えたのは本当にラッキーでした。


f:id:KB57T04:20170614093303j:image

 

ファジアーノ岡山ラッピング列車も見ることができました。

濃黄色の単色塗装が進んでいた中国地方の電車ですが、ふるさとおこし号やサッカーチーム、映像作品のラッピング列車などの個性的な車両も増えてきて面白くなってきましたね。

 

 

 

4/16

引越し先の福井へ地元や岡山から知り合いがいらっしゃったのでご一緒させていただきました。


f:id:KB57T04:20170614093526j:image

 

勝山駅で保存されているテキ6。


f:id:KB57T04:20170614093616j:image

 

フェニックス通りを走るF1000形「FUKURAM」F1001。

古いもの、新しいものがうまく調和したいい街だなと感じました。福井はいいぞ。

 

 

 

5/5

地元に帰省して地元の先輩と久々に神鉄へ。


f:id:KB57T04:20170614093711j:image

 

1502Fまで新幕になっていたとは…。


f:id:KB57T04:20170614093733j:image

 

そしてまさかの特快速に3000系。持ってますね。

 

 

 

6/3

この日は福鉄のあたりをぶらぶら。


f:id:KB57T04:20170614093826j:image


f:id:KB57T04:20170614093851j:image

 

駅前の電車通りが歩行者天国に。ここはヨーロッパか…

f:id:KB57T04:20170614093958j:image

赤十字前駅に留置されている名鉄のロゴもそのままのマルタイのホキ1641・1642

 
f:id:KB57T04:20170614094008j:image

 

ホキ1642の福井駅方の車輪はまさかのスポーク。間近で見られるので福鉄めぐりの際は是非。


f:id:KB57T04:20170614094147j:image

 

西山公園内から撮影。元名鉄の880もバリバリの現役。

 
f:id:KB57T04:20170615112911j:image

 

レトラムが帰ってこないなと思っていたら20分遅れで通過。運転打ち切りかと思ってヒヤヒヤ。

 

北府の休車群を確認。


f:id:KB57T04:20170615113031j:image

 

デキ11。これはもう寿命かな…。


f:id:KB57T04:20170615112948j:image

 

602。福鉄の中でも特に塗装が綺麗ですけど大型車ですし、1両ですからね。しかたないのかな…。


f:id:KB57T04:20170615112932j:image

 

 元名鉄のモ803。製造から20年も経っていない車両を休車。まだまだ動けるんでしょうけど小型車なので仕方ないのでしょうか…。もったいない。

 

 

福井の鉄道はなかなか面白いですね。まだまだ伸びしろがあり、未来を想像していると楽しいですね。

地元路線とは大きく異なった路線ですが、参考にできることも多いと思うのでもっともっと勉強したいなと思います。

日帰りで「ひるね姫×くらしきスタンプラリー」聖地巡礼

3/30に映画「ひるね姫」の舞台、倉敷市の児島・下津井に行ってきました!いわゆる「聖地巡礼」ですね。スタンプラリーにも挑戦!

 

 

粟生線加古川線JR神戸線を乗り継いで6:55に姫路に到着。

すると向かい側に…


f:id:KB57T04:20170331084857j:image

 

ひるね姫ラッピングの115系D-14編成が止まっていました!

このスジはD編成を2本繋いだ6両編成での運行です。

なんだか幸先のいいスタート。

 

 
f:id:KB57T04:20170331085157j:image

 

ひるね姫のラッピング列車には乗らず、今回は姫路から岡山まで新幹線。

在来線なら1時間半かかるこの区間も新幹線なら20分です。

7:20発のさくら543号に乗って岡山へ!

 

 

岡山には7:40に着きました。

次の列車まで少し時間があったのでここで食べ物を調達してもよかったかもしれません。

7:55発の快速マリンライナー9号で児島へ向かいます。

マリンライナーと言えば「うどんの国の金色毛鞠」で車内の風景が登場したことでも有名ですよね。私は見てなかったんですけどね。

 

 

児島には8:18に到着。


f:id:KB57T04:20170331090633j:image
f:id:KB57T04:20170331090727j:image
f:id:KB57T04:20170331090840j:image

駅構内はひるね姫とジーンズで埋め尽くされています。

改札を出た奥側の観光案内所にスタンプがありますが児島駅には後でまた来るのでスルー。

急ぐあまりスタンプが乾かないままになってしまうのも困りますからね。

 

児島駅からは作中にも登場した下津井電鉄バスの「とこはい号」に乗って下津井へ。

3月1日からはひるね姫ラッピング車が運用に入っているそうです。


f:id:KB57T04:20170331090420j:image

 

後ろから見たらこんな感じ。

デニムっぽい制服の運転士さんから1日乗車券を買いました。

児島駅8:30発の始発便で出発!

 

 

とこはい号は下津井を1周50分で反時計回りに走っています。

最初は田の浦港前バス停で下車。運転士さんが降りる時いろいろと舞台のことを教えてくれました。社員さんが聖地巡礼趣味を受け入れてくれて、出発時刻を遅らせてまで案内してくれたのはすごく嬉しかったです。


f:id:KB57T04:20170331102719j:image
f:id:KB57T04:20170403004506j:image

 

ちょっとアングルは違いますがこんな感じ。

作中では後ろに見えるお墓にココネの母・イクミが眠っています。


f:id:KB57T04:20170403203300j:image

 

反対側の景色です。

作品にも登場するお墓からの景色もきっとキレイなんだろうなあ…と思いながらもお墓に入るのはちょっと抵抗があったので断念。

 

このバス停の近くでお会いしたおばあさんが路地を案内してくれました。

なんと94歳!!腰もあまり曲がっていなくてぴしっと立っていたのが印象的でした。

少し呆けが始まっているような方だったのでもしかするとそれ以上にご高齢なのかも…

 路地や下津井の歴史など多くのことを教えていただきました。おばあさんが子供の頃から立っていた建物も現存しているそうです。すごい…

 

 

その後おばあさんとお別れして1人で散策。

 

坂をずーっと登っていくと作品にも登場する田土浦坐神社に到着です。

ところで「田土浦坐神社」って読めますか?

 

 

「たのつちうらにましますじんじゃ」って読むらしいですよ。初見じゃ読めませんよね…


f:id:KB57T04:20170405065602j:image
f:id:KB57T04:20170405065611j:image

 

 神社の前で一枚。

撮影場所まで思い切り間違えてしまいましたね…もっと高い場所からだったのかな…

 
f:id:KB57T04:20170405073658j:image

 

境内にはココネがいました。スタンプが設置されている場所に、スタンプと同じキャラクターのパネルが設置されていました。

 


f:id:KB57T04:20170404204406j:image

f:id:KB57T04:20170404204432j:image

 

ココネが駆け下りてきた路地裏です。

下津井は古くからの区割りが続いているので狭い路地が残っているんですよね。

 

 

次のポイントに向かっている途中、向こうからとこはい号がやってきました。


f:id:KB57T04:20170405075249j:image

 

カメラを向けると減速してくれて、撮れたかどうか笑顔で確認してくれました。

もう下電バスのファンになってしまいそうです… 

 


f:id:KB57T04:20170405074941j:image
f:id:KB57T04:20170405074943j:image

モリオの父親の船舶ドックに到着!

ここで船の整備をしていたお兄さんにも声をかけてもらえました。あたたかくていいですね。

 

 

その後はむかし下津井回船問屋へ。スタンプが設置されています。

10時オープンなのでここは少し遅めに行ってみるといいかも。

 

管理をしていらっしゃる方と長時間にわたってお話させていただきました。

世間話やら下津井の話やら……ひるね姫のこともよくご存知の方だったのでお昼からの行動なんかも教えてくださいました。

お仕事のお邪魔でなかったかどうか心配です…

 

わからないことがあったらむかし下津井回船問屋の方に尋ねてみてください。きっと丁寧に教えてくださると思いますよ。

 

あと、
f:id:KB57T04:20170405234436j:image

 

パンフレットの表紙絵がいいですね!

後で調べてわかったんですが児島にあるSODAという会社のデザインみたいです。

 

 

次もスタンプがある四柱(よはしら)神社へ。

 
f:id:KB57T04:20170405234710j:image

 

とにかく高いです。怖い。でも景色はいいですよ。

 

 

お昼ご飯はむかし下津井回船問屋の方にオススメしてもらった鷲羽山レストハウスで。

 

とにかく景色がいい!ということです。

どんなものかなーと思って行ってみると


f:id:KB57T04:20170405230641j:image

 

絶景………。

瀬戸大橋が一望できます。

席は選べるので窓際に座りたいなら早めに行ったほうがよさそうですね。


f:id:KB57T04:20170405230807j:image

 

下津井のたこめし、1300円。

値段に見合ってるかどうかで言うと微妙ですが景色がいいからOK!

 

 

そんなに急いでいるわけでもなかったので鷲羽山で登山!


f:id:KB57T04:20170405231056j:image

 

レストハウスから山頂まではだいたい10分。

「山頂」と書かれた看板から矢印の先を見るともう山頂がすぐ側に見えているんですよね(笑)


f:id:KB57T04:20170405232310j:image
 

山頂からは360度がぐるりと見渡せます。

軽い散歩みたいな感じで気軽に行けるので時間に余裕があれば是非行ってほしい場所ですね。オススメできます。

 

 

下津井に別れを告げ、バスで児島駅周辺へ。

とりあえず児島警察署で下車。


f:id:KB57T04:20170405232709j:image
f:id:KB57T04:20170406064628j:image

モモタローが捕まってココネが急いで駆けつけたあの警察署です。

ココネが駆けつけた時間帯とだいたい同じくらいかな?

 

 

ここからはスタンプ回収!

児島駅の中にある観光案内所、児島観光港を回って旧野崎邸へ。

 

ジーンズミュージアムには別の日に行っていたのでここがゴール!達成感がすごい…

 

旧野崎邸にはとこはい号の1日乗車券を見せると100円引きの400円で入れます!

 
f:id:KB57T04:20170407155939j:image

 

帰りの電車まで時間があったので中へ入ってみました。

 

塩田王と呼ばれた野﨑武左衛門が建てた大邸宅です。庭園は心が落ち着きます…

 

児島の歴史なんかも詳しくわかるので行って損はないと思いますよ。今児島駅が建っている所は昔塩田だった!とか割と衝撃的でしたね。

 

 

別の日に行ったジーンズミュージアム。

 
f:id:KB57T04:20170618200725j:image

 

ひるね姫のコラボグッズ販売の他に、日本におけるジーンズの歴史や、ジーンズの製造過程を無料で見ることができます。

 

Betty Smithのアウトレットもあるのでお土産にジーンズを買っていくのもいいですね。

 

 

 

16時頃児島を出発、帰途につきます。

 

瀬戸大橋線は特急列車が多く走っています。


f:id:KB57T04:20170517094828j:image

 

マリンライナーがやってくるまでに1枚。

 

 〇

 

岡山駅でも軽く駅撮り。

 
f:id:KB57T04:20170614084658j:image

黄色い列車ばかりになってしまったな…なんて去年来た時には思っていました。


f:id:KB57T04:20170614084624j:image

 
f:id:KB57T04:20170614084831j:image

最近はふるさとおこし号の数も増えてきて、ファジアーノ岡山ラッピングの列車なんかも登場したので面白くなってきましたね。


f:id:KB57T04:20170614084951j:image

 

でも一番カッコイイのはやくもかな…

 

 

(自分への)お土産!


f:id:KB57T04:20170614085538j:image
f:id:KB57T04:20170614085547j:image

Betty Smithのペンケース!700円か750円ぐらいだっでしょうか。

ジーンズの端材を使用しているみたいです。

エコですね…。

 
f:id:KB57T04:20170614085806j:image
こちらは畳の縁小銭入れ。

児島は畳の縁の国内トップシェアだそうです。

柄は全部で3種類。鷲羽山レストハウスや吉備サービスエリアでも販売されていましたよ。1つ500円です。

 

 

映画自体はなかなか面白かったのですがなかなか伸び悩み、舞台に訪れる人も少ないようです。

夕方には結構時間が余ったので関西からは在来線の使用だけでも充分楽しめそうです。児島駅周辺の移動はレンタサイクルがオススメです。児島駅の観光案内所で借りることができます。

今月いっぱいはスタンプラリーも行われていますし、下津井に足を運んでみてはいかがでしょうか。

福井駅前-路面電車新時代-

 6月3日、この週末で今シーズンの最終運行となっていたF10型735号レトラムに乗るために福井駅へ。

この日の駅前はこんな感じ。

日本じゃないみたいですよね。

まるでヨーロッパのトラムです。ヨーロッパ行ったことないですけど…

 

こんな事情があって6月3・4日の電車通り(市役所前・福井駅停留所間)は歩行者天国になっていました。花いっぱいで人が溢れる駅前の景色を見た時は本当に感動しました。

 

実際にしばらく見ているとわかると思うんですが、この電車通りって結構道が細いんですよね。自動車がつっかえて電車が動けないこともしばしば。

路面電車の運行にとってなかなか厄介な自動車を車道から閉め出すというのもなかなかアリなんじゃないでしょうか。

細くて短い、というとあまりいいイメージではないと思いますが、歩行者天国にしてみるとなると丁度いいと思うんですよね。通りが長すぎても太すぎても隙間が目立ちますからね。線路も複線だとやはり隙間が目立ってしまいますし、本当に歩行者天国に適したいい場所だと思います。

 

また、福井県という場所は極端なクルマ社会であり、店舗は基本的に国道8号線沿いに集中しています。

福井市周辺地域の人だと大和田町にある商業施設「アピタ・エルパ」に行くことが多いでしょうか。色々な専門店があるのですがとにかくアクセスが不便。京福バス福井駅・エルパ間だと200円と安いのですが本数が少ないですからね、クルマありきの商業施設です。観光客が訪れることはきっとないでしょう。

駅前周辺最大の欠点といえばどの店も閉店が早すぎるということでしょう。19:00ごろにほとんどの店舗が閉店してしまうというのは少し寂しいな…って思っちゃいますよね。

 

今のところはエルパのほうが便利だと個人的には思っていますが、伸びしろはないでしょう。

 

途中駅での開業とはいえ、北陸新幹線の延伸も控えています。

勝山の恐竜博物館目当てに全国から、世界からお客さんはやって来るわけです。

当然福井駅はえちぜん鉄道やバスとの乗り換え地点になるわけです。

家電量販店など、観光客に的を絞った施設誘致を行いエルパと棲み分けを図るというのがいいんじゃないかと思いますね。

 

 

福井に来て2ヵ月。

やっぱりその土地のことは実際に住まないと分からないものだなと強く感じました。

まだまだ知らないことばかりなのでもっと福井の知識を深めていけたらいいな、と思います。

 

〇お知らせ〇

ここ2ヶ月更新が滞っている29.2km( TOP - 29.2km -神鉄粟生線ファンサイト- )ですが、現在サーバー容量不足のため画像のリサイズ・差し替えを進めています。

次回の更新では管理人ブログや駅情報(新開地〜鈴蘭台駅)などの公開を予定しています。

今しばらくお待ちください。

神戸アニメストリートのこと

神戸アニメストリート、大変なことになってますね…

私も1度行ったことがあって、前にやってたブログでも記事にしてたのですが消してしまったのでもう1度思い出的な感じで記事にしようかなと思います。


f:id:KB57T04:20170515113744j:image

 

私が神戸アニメストリートを訪れたのは2年前の6月5日。アニストがオープンしてから2ヵ月ぐらいしか経ってない頃でしたね。

ちょうどアニソンカフェ「SIDE28」で「てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう」とコラボ期間中でした。これを目当てに子安場で鉄してから新長田へ。


f:id:KB57T04:20170515114722j:image

 

平日で雨が降りそうな天気、12時の開店からいたこともあり1人で貸切状態。

とりあえず注文を済ませてから店内を撮影させてもらいました。


f:id:KB57T04:20170515115604j:image

 

壁には放送中アニメのキャプチャ画像パネルがたくさん掛けられていました。

この画像の回は「百合狼ゲーム」でしたっけ、あの回はなかなか面白かったですね。プレスコならでは!って感じでした。

 
f:id:KB57T04:20170515115853j:image

 

テーブルもてさプル仕様!

私以外お客さんがいなかったので全部撮らせてもらいました。


f:id:KB57T04:20170515130908j:image

 

キャラクター紹介パネルに…


f:id:KB57T04:20170515130926j:image

 

グッズ棚!園田きょうだいの名前シールが貼ってあるところもポイント高めです!

 
f:id:KB57T04:20170515131027j:image

 

私が注文したのは"Хорошо!" 「Ворщ из Томоми」(800円)と もぶこと友美のピンクロシアンルーレット(いちごみるく味・500円)。

キリル文字の意味は簡単に言うと「ハラショー!友美のボルシチ」って感じですかね。「Хорошо」ってピッタリハマる日本語がないんですよ。「good」とか「great」ぐらいに捉えておけば大丈夫だと思います。

 

ボルシチは普通に美味しかったです。

ピンクロシアンルーレットはあまり味がなかった…

コラボメニューにしては良心的な価格ではないでしょうか。

2品注文したのでコースターが2枚ついてきました。ランダムで貰えるこのコースター、私が引いたのは葵と結衣さんでした。

お店のお兄さんも気さくな方で話しやすい雰囲気でした。

また行きたいな…と思っていたのですが行く機会もなくとうとう兵庫を離れてしまいました。

 

 

アニストが大変なことになっているというのは越してきた福井でできた友達に聞いて初めて知りました。 

ねとらぼの記事がわかりやすいと思うので貼っておきます

 

 神戸市委託の「神戸アニメストリート」に詐欺疑惑が浮上 イベント売上金を支払わず、被害者がブログで告発 - ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/10/news118.html

 

「神戸アニメストリートは踏み倒すのに慣れているので」―― 売上は全く支払われてない、被害者オーナーが激白 - ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/18/news123.html

 

神戸アニメストリート社長が謝罪 イベント出展者への売上未払い問題受け - ねとらぼ http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1704/22/news037.html

 

 もしこのコラボカフェを大阪でやっていたとしたら私は行っていないと思うんです。神戸の震災からの再開発に失敗した場所で、なにかアクションを起こそうと頑張っていると思ったから行ったんです。でもこういう記事を見てしまうと嫌な気分になりますよね…。裏切られたような気持ちっていうかなんというか。

一番の心配は気さくに話しかけてくれた「SIDE28」のお兄さん。ねとらぼの2つ目の記事にありますが、「従業員を解放してあげてほしい」ってあるようにきっとよくない条件で働いていたんだと思います。あの日支払ったお金っていうのはすごく楽しい時間をくれたアニストに対して支払ったものなんです。その末端の、客(私)に直接触れる唯一の存在が接客。この接客がしっかりしてないと、どれだけプロジェクトがしっかりしていてもすべて台無しになる…接客って仕事も簡単じゃないはずなんです。

それなのにその現場で働いている人にお金がまわらないっていうのは納得いきません。

被害者側の創作工房という会社の社長も「お金返せ」って言ってるくせにアニスト側が未払金を支払うと申し出ると「お金だけ払ってこの件をなかったことにしようとしている」って言い出す有様。

もちろん、代価を踏み倒そうとしたアニスト上層部が悪いのですが、とりあえず感情に任せて叩けるだけ叩こう!みたいなもう見てられない状況です。もちろん創作工房さんのコンテンツにもファンはいるわけで、そのファンの方たちから見てもこういう状況は見てて不快だと思います。事実関係の確認中なのに裁判費用のためにクラウドファンディング始めるとかも見切り発車感がありますし…。

もう少し冷静になって考えてほしいものです。

 

どんな形であれ、この件が穏便に進むこと、神戸のポップカルチャーが死んでしまわないことを願います。

発車標趣味 その2 新開地駅

土休日の朝だけ、新開地駅で見られる光景。


f:id:KB57T04:20170220000059j:image

 

土休日ダイヤの朝にだけ阪神車で運行されている新開地駅始発の奈良行き快速急行


f:id:KB57T04:20170220000106j:image

 

ラッシュ時のみ運行されている山陽のS特急

 


f:id:KB57T04:20170220000309j:image

 

この発車標が並ぶんですよね。

 

 私としては寝坊で始発を逃した時によく見る光景なのであまりいい思い出はなかったりします(笑)

発車標趣味(にわか)

私は「いい写真が撮れたらいいけどまあ記録程度だから…」っていうスタンスで鉄道写真を撮ってます。

…完全な逃げですね。

 

でもそんなスタンスで写真撮ってる人って私だけじゃないと想うんですよね。

 

そんな人におすすめなのが発車標の撮影。

 

ダイヤ改正が行われる度に発車時刻などが頻繁に変わるので撮影したものの1枚1枚が貴重になりやすいかなと思います。

 

 

f:id:KB57T04:20170207210133j:image

 一昨年(2015年)に撮影した大阪駅の発車標です。

富山行きのサンダーバードトワイライトエクスプレス

札幌行きの表示は少しワクワクします。

 


f:id:KB57T04:20170207210152j:image

 これは昨年(2016年)に撮影した名古屋駅の発車標。

今では大阪に乗り入れることもなくなった特急しなの。

これはまだ記憶に新しいですね。

 


f:id:KB57T04:20170207210204j:image

 一昨年に撮影した岡山駅の発車標です。

通過する貨物列車の情報など、事細かに表示されていたため鉄道好きとしてはたまらないものでした。

昨年3月のダイヤ改正からは簡略化した表示になってしまいました。

 


f:id:KB57T04:20170207210255j:image

 こちらも一昨年撮影した阪神元町駅発車標です。

以前から阪神電車では標準的なものでしたがこの発車標を最後に昨年とうとう姿を消してしまいました。

 


f:id:KB57T04:20170207210308j:image

 こちらも一昨年撮影の発車標。

ポートライナーの京コンピュータ前だったでしょうか。

昨年春に消滅した快速列車の表示が見えます。

しかしLEDが切れてるのが残念…。何故SSを上げてたんでしょうか。

 


f:id:KB57T04:20170207210337j:image

そしてこちらももうすぐ過去のものになってしまう発車標。

下り急行列車は消滅してしまいますし、その中でも志染行きは4本しか設定されていませんからね。

 

 

本格的なカメラを持っていないとできないと思われがちな鉄道趣味ですが発車標を撮るだけなら携帯電話でもできますからね。

鉄道趣味を持ってない人でも一目でわかる旅の思い出になりますからおすすめです。

広告を非表示にする